よくあるご質問
Q お茶のおいしい淹れ方を教えてください。
A
  1. 急須に茶葉を10g(大さじ2杯)程度入れます。
  2. お湯を十分に沸騰させカルキ臭を飛ばしてください。
  3. お湯は湯さましや湯呑に一回入れ、70℃前後に冷ましてから急須に注ぎます。渋みのあるお茶がお好きな方は熱いお湯を注いでください。
  4. お湯を注いだら、30秒か1分くらいおいて、それぞれの湯呑に少しずつ注ぎ分けてください。このとき、急須の中にお湯が残らないようにしましょう。
Q お茶の保存方法を教えてください。
A
  • 開封後の袋は窒素ガスを注入してあります。直射日光の当たらない場所に置きましょう。
  • お茶は湿気に弱く、においを吸収しやすいので、袋を開けたら気密性の高い容器に移してください。
  • 冷蔵庫の中は湿気が高く、食品のにおいが充満しているので入れないようにしましょう。
  • お茶はできるだけ少量詰めの袋で購入されることをおすすめします。
Q 緑茶の効能を教えてください。
A
  • ビタミンCがレモンの5倍以上
    緑茶100g中に含まれるビタミンCは280mg。レモンの500mgに比べ5倍以上で、美容と健康に最適です。
  • 虫歯予防に大きな効果
    緑茶を多く飲んでいる子ども達は、飲まない子ども達に比べ虫歯発生がたいへん少ないと統計が出ています。
  • 高血圧や動脈硬化の予防に有効
    緑茶に含まれるビタミンCなどの成分は、突然変異を抑制する複合作用があり、ガン予防に有効です。
  • 記憶力や判断力もアップ
    緑茶のカフェインは、大脳などの中枢神経を適度に刺激し、記憶・判断などの知的作業力や運動能力を高めます。
  • ミネラル豊かな強アルカリ度飲料
    緑茶はミネラルが豊富で、アルカリ度が高いため、酸性に傾きがちな体質を健康な弱アルカリ性に保ちます。